ドイツへの一人旅計画フランクフルト・ケルン

6日目続き:プラハ空港を夕方に経ち、フランクフルト国際空港から再びドイツに入国する。到着は夜だ。少し・いやかなり治安が心配だ。フランクフルト中央駅に移動して宿泊する。本来ならフランクフルトも観光したいのだが、スケジュールの都合上宿泊だけの予定だ。

7日目:この日はライン川沿いにケルンまで北上する。途中の都市から遊覧船に乗りたいのだが、いかんせん真冬だ。運行しているのかどうかはっきりと調べてもわからない。夏はマインツあたりからずっと乗れるらしいのだが、冬はやっていないらしい。ツアーに申し込んでしまえば楽なのだろうが、意地でも個人旅行を満喫したいのだ。調べたところリューデスハイムからなら乗れそうだ。どこだそれ・・・どうやら小さい観光地らしい。ライン川の船乗り場になっているようだ。だが運行しているのかわからない・・・とりあえずフランクフルト中央駅から朝一でローカル線に乗って、リューデスハイムに行き船に乗れるのか現地で聞く作戦にする。ダメならリューデスハイムを観光して、電車で北上しながらバッハラッハやら途中の町を観光していく予定にする。そしてケルン駅まで向かい、ケルン大聖堂は見ておく。有名だよね。時間があればケルンの街も少し散策してみよう。だがケルン大聖堂以外観光地が調べてもあまり出てこない・・・夜になったらケルン駅からドイツ版新幹線に乗る予定。どこに向かうかというと3カ国目のベルギーだ。ブリュッセル中央駅に向かい、世界遺産で有名な広場の近くで泊まる予定。相変わらず頭のおかしいスケジュールだ。7日目でいよいよドイツは最後となる予定。