ドイツへの一人旅計画ニュルンベルク・プラハ

4日目:この日はニュルンベルクから午前中にヴュルツブルグ、午後にかの有名なローテンブルクに向かい、再びニュルンベルクに戻る予定だ。我ながら頭のおかしいスケジュールをたてている。ヴュルツブルグは宮殿を見る予定。ローテンブルクはとにかく街の雰囲気を楽しみたい。日本人が多そうなので、一人旅の雰囲気がなくなりそうだがやはり絶対に行っておきたい観光地だ。ツアーは申し込まずに、ひとりでローカル線を乗り継いで行く予定。今回はローカル線を何回も乗るのでその楽しみもある。車窓から見える景色もきっと素晴らしいであろう。

5日目:この日はニュルンベルクを朝6時前に出発して、高速バスでなんとお隣の国のチェコに入国する予定だ。目的地は100の塔のまちプラハだ。旧市街全部が世界遺産という恐るべき観光地だが、見たいところは山ほどある。朝10時頃にはプラハ中央駅について昼過ぎから観光できる。ドイツとは違った雰囲気で楽しみたい。ビールが水よりも安く物価も全体的に安いらしい。とにかく旧市街の雰囲気を楽しみたい。 とりあえず有名な中心部の広場周辺は5日目に制覇したいところだ。カレル大橋も楽しみだ。きっと夜景がきれいだろう。

6日目:引き続きプラハ旧市街を観光する。プラハ2日目のメインはなんといってもプラハ城だ。プラハ城は気が遠くなるほど巨大のようだ。しかも山の上にある。坂をひたすら登ってそのあとで広大な敷地を観光するのは疲れそうなので、いいことを思いついた。プラハは路面電車が縦横無尽に走っている。これを乗り継いでプラハ城の上まで行ってしまうのだ。そうするとプラハ城までの坂道を一切登らなくて済みそうだ。体力が有り余っている状態でメインのプラハ城やヴィート教会を観光し、そして坂を下る。もちろん下るときは登ってくる人に対して哀れみの目を向けることは忘れないでおこう。夕方までプラハを満喫したら次は再びドイツに戻る。相変わらずおかしいスケジュールを組んでいる。夕方にプラハ空港に行きそのままLCCに乗ってフランクフルトへ向かう予定だ。チェコの観光がプラハのみなのは少しさみしいが、スケジュールの都合仕方がない。